神奈川支部会報告
神奈川支部長 野村敬一郎

 12月11日(土)午後2時より横浜・野毛町天ぷら『天元』にて久しぶりに支部会を開催。
今回は先輩諸代の意見により、冬は寒いから昼間の暖かいうちにやったらと云うことで、
忘年会を兼ね昼食会とした。まずは当支部、及び組合の最長老である鈴木慶蔵氏の乾杯の音頭で始め。
(慶蔵氏はおん年90にもなろうと云うのに、前々月の10月に癌の手術をなさって、担当医の
先生もびっくり、それに2週間程で退院)今も現役で仕事。癌などなんだ!と云うばかり、
酒もたしなみ、我々とは気力、体力が違いますね。さすがシベリア帰りはすごいですね、
一同びっくりするやら関心するやら。そのあちおいしい天ぷら、うなぎをつまみにビール、
酒と気が大きくなり云いたいほうだい。
 組合会館の件はその後どうなったんだ!どうして職人の中から指導者が出ないのか、
職人の組合が作れないのか。
 何しろ次の世代の若い職人が少ない。
 我々は夢を作る業界だから、もっと魂力のある仕事のはずだが?などなど話は尽きない。
あっという間に時間、皆さん来年はもっと良い年でありますように!せっかくですから明るいうちに散会。
出席者7名 以上